1. HOME
  2. 雨竜ご案内
  3. 雨竜沼湿原

雨竜沼湿原

日本有数の
山岳型高層湿原帯

日本有数の
山岳型高層湿原帯

200種以上の花
ありのままの植物

(仮)web開発中のため仮の文章になります。雨竜沼湿原 (うりゅうぬましつげん)は、北海道空知管内の雨竜郡雨竜町にある山岳型高層湿原。暑寒別天売焼尻国定公園の一部をなし[1]、暑寒別岳東中腹標高の約850 - 900メートルの高地にある。台地上に東西4キロメートル、南北2キロメートルにわたって広がり、面積は101.5ヘクタール。
湿原内は170以上の池塘が点在し、ペンケペタン川が蛇行しながら流れる。2005年11月にラムサール条約登録湿地となった。

全国湿原・高山名所
ランキング第9位

(仮)web開発中のため仮の文章になります。日本経済新聞「なんでもランキング」において、雨竜沼湿原が秋の到来を告げる景色の全国湿原・高山名所ランキングで第9位となりました。
「草紅葉(くさもみじ)」とは、草が色づき、草原が赤や黄金色に輝き、湿原や高山を彩る景色のことで、雨竜沼湿原が全国の名だたる秋の名所の中で選ばれました。